Tuesday 21st September 2021

真性包茎の場合の包茎手術の値段

2021年3月9日 by masterad_lindanievespowell
No Comments

真性包茎の包茎手術の値段と必要性

真性包茎手術の「健康保険」は包茎手術に適用されます。
しかし過去には、泌尿器科などでの手術が多かったです。
おそらく治療費の値段に見合わないため、保険の対象となる病院の数は限られているようです。
外科的処置には、陰茎の基部での局所麻酔と余分な包皮の除去が含まれます。
亀頭周辺は丁寧に縫合しているので、傷跡はあまり目立ちません。
手術後、約7日間テーピングを行います。
糸を抜くのに10〜14日かかり、その間に3〜4回の外来治療が必要です。
麻酔法の進歩により、外科的痛みは大幅に軽減されました。
機能面では、「前皮炎」や「早漏」を引き起こす可能性もあります。
保険に加入しているので、治療が必要な人はできるだけ早く手術を受けることをお勧めします。
真性包茎治療の値段についてですが、初期相談料約1,000円・術前血液検査3,000〜4,000円・包茎手術費約1万円となります。
また、包茎手術後の治療費1回あたり約100円・包茎(自費)5万円(税抜)・術前血液検査(自費)10,000円(税抜)です。

真性包茎の包茎手術の値段は?

包茎かもしれないと心配して、インターネットホームページで包茎手術の広告が10万円だったクリニックに無料カウンセリングで行きました。
カウンセラーすぐに手術を受けるべきだとアドバイスしました。
ヒアルロン酸を注射して大きくし、傷口を目立たなくするオプションもあるはずで、当日手術を受けました。
高価なオプションが追加されたため、契約額は100万円を超えました。

真性包茎やカントン包茎の手術には健康保険が適用される場合があり、自己負担額は数万円になる場合がありますが、ほとんどの包茎手術はフリーケアの美容クリニックで行われます。
これらの診療所では、カウンセリングの際に、無料の治療であり、症状によっては保険に加入していることを承知の上で契約する同意書に署名する必要がある場合があります。
そうではなかったとは言い難い。
ヒアルロン酸は数ヶ月以内に体内に吸収され、長期的な効果は期待できません。
その点を十分に説明できない可能性があり、高額な契約になりがちです。
すでに手術を受けた後は、本当に手術が必要なのかと思っても契約なしではできません。
そして返金交渉も難しい傾向にあります。

まとめ

真性包茎の場合の包茎手術の値段について説明しました。
病院の選び方や値段をよく考えて決断することが大切です。
そこにはたくさんの治療費を損したり、誤った治療をしてしまってからでは遅いからです。この記事や治療院のホームページを見て、参考にしてみて下さい。
それぞに合った治療法が必ずあるはずです。
気になる治療院を見つけたら、まずは自分で相談してみましょう。
そして事情をよく説明して、後悔のない治療をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です